住宅設備機器メーカー

外装建材

家の照明・小物

物件売却・中古住宅購入

最近のトラックバック

バックナンバー

リフォーム(全面リフォーム)

スケルトンリフォーム

2014年4月28日 (月)

急ぐより、しっかりと確認することが大切

B12634

内装全般のリフォーム中です。

まだ工事中ですが、

入居希望者が見学に来られています。

急ぐより、現場をしっかりと納めることを優先させていただくために、

現地での打ち合わせが大切ですね。

家は長い間住みますので、そんなに急がれるより、

確実に丁寧に仕上げることをお勧めします。

◎ プチニュース

■ 不適格擁壁、境界線の位置で変わる隣家の不満

隣の敷地にある擁壁のせいでなぜ建築確認が下りないのか?

と一般の人は疑問に思うようだ。

これは、建築基準法に基づいて自治体が独自に「崖条例」などを定めているためだ。

神奈川県建築基準条例(第3条)などがそれにあたる。

崖崩れなどによる住民の被害を防止することが目的なので、

対象は自分の敷地だけとは限らない。

「高さ2mを超える斜面」かつ「勾配が30度以上の斜面」などを崖と定義し、

その下に家を建てる場合は、「コンクリートの擁壁をつくる」、

「崖の高さの2倍の位置まで斜面から離れて建てる」などの対策を求めている。

(ケンプラッツ配信)

□ 敷地を購入する際は、建築基準法のチェックや敷地境界線の確定など、

慎重に確認しないと、

思わぬトラブルになります。

擁壁をめぐるトラブルが急増中のようなので、

お気を付け下さい。

*************************************

◎ お客様の笑顔が一番の励みです。 1987年創業
   自然素材を使った耐震補強+全面リフォーム、水回りのリフォームを得意に活動中。

神奈川県横浜市保土ヶ谷区上菅田町250-5

株式会社アーバンプロジェクト(同名会社が存在しますが、関連はございません。) 
 


■ ホームページ⇒http://www.urban-pro.net/

2013年11月12日 (火)

大規模なリフォームは、現状を探ることが必要です。

B12315


横浜市で、大規模リフォームに着手させていただきました。

まずは、解体工事を先行して、

現状の調査を兼ねています。

壊してみれば、施工者の思いや、やり方が見えてきます。

直す場所や補強方法を考えながら、

解体工事を進めることも大切です。

人生で一番大切なことは、健康かな。

今日も元気でありがとうございます。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。お願いします。

2013年6月15日 (土)

横浜市保土ヶ谷区の全面リフォームは、ようやくお掃除が完了しました。

B11968


工事では、どうしても埃だらけにしてしまうので、

最後のお掃除は念入りにチェックです。

現在社内チェック中です。

あと一歩ですね。

長らくありがとうございました。

2013年4月18日 (木)

団地全面リフォームは、ようやく大工工事が完成。横浜市

B11853


横浜市の公団リフォーム中です。

ようやく大工工事が完成して、

束の間の安心です。

これから、内装工事が始まります。

2013年4月 1日 (月)

雨漏りの跡のしみを見逃さないことも大切です。

B11806


リフォームでは、壊さないと入っていけない場所もあります。

お打ち合わせの中、天井のしみがあったので、

張替えを前提にお話を進めてきました。

工事項目に入れておいてよかったです。

解体すれば、問題個所が見えてくるからです。

リフォームの前に、家の基本を押さえてから直していきたいですね。

2013年3月29日 (金)

横浜市で、内装全面リフォームに着工させていただきました。

B11802


浴室の解体作業中です。

パネルを外すと、見えない場所はかびているものです。

給排水を外してから、解体後の状況を判断させていただきます。

写真利用のお話を忘れていましたので、

アップのみです。

2013年2月 9日 (土)

神奈川県 横浜市で全面リフォーム中。

B11720


リフォームの解体で、はやめに気づいてよかったです。

そのまま進めていたら、ちょっと大きな地震でも、

2階の床が落っこちてしまっていたかもしれません。

かろうじて、金具の角に引っかかっていたのが、幸いです。

ご家族の安全のために、構造を補強中です。

2013年1月27日 (日)

全面リフォーム中。柱のないところでは、梁は繋がないほうが良いですね。

B11691


全面リフォームのために解体していて思うことは、

木組みの考え方です。

下の階に柱がない場所で、大きな梁をつなぐと、

経年劣化や木材の収縮で、つなぎ目が開いて床が下がります。

やむない場合は、追掛大栓継(おっかけだいせんつぎ)などで、

しっかりとつなぎ合わせたほうが良いと思います。

大梁を受ける梁をこれから入れていこうと考えています。

現場の健康診断を行って、不具合箇所を一つずつ解決するのが、

家の再生(リホーム)なのではと思います。

ですから、数は追わずに品質にこだわっております。

お受けできる数にも限界がございます。

お陰様でたくさんの方からの、ご依頼ありがとうございます。

ホームプロさんからも、新規商談参加のお話を頂戴しますが、

手が廻りませんので、しばらくお休みさせていただきたいと存じます。

よろしくご理解くだされば幸いでございます。

2013年1月19日 (土)

全面リフォームなら、ご不便を解消できますね。横浜市

B11663


横浜市でリホーム中です。

今までは、お2階に行くのに、一度玄関をでて外階段で行き来されておりました。

これでは、寒い冬はつらいし、風邪をひいてしまいますよね。

新たな場所に内部階段を造るべく、

解体中です。

ご家族のふれあいがしやすい家づくりをさせていただきます。

幸せ度アップのお仕事って、

嬉しいですね。

全面改装ならできる選択肢も増えますね。

2012年9月14日 (金)

いい加減な防水工事では、問題を深刻にするだけ

B11465


下階の窓枠に漏水跡がありました。

B11464


既存の防水層を解体すると、防水の下はびしゃびしゃ。

これでは、防水の意味がありませんね。

全摘して新しく防水のやり直し。

B11463


コンクリートを撤去して、荷重も抑えて、

新たな防水が完成。

ちょっと苦労した部分です。

水切りまでしっかり防水層を立ち上げないと、

その間から水は入りますので、しっかりと押さえたい部分ですね。

より以前の記事一覧

建築・リフォームブログランキング。応援してくれる人はここをポチッとしてね。ありがとうございます。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター  ↓プラス29678人目のご訪問ありがとうございます。

マイベストプロ

不動産情報

住宅情報

amazonウィジエット

家具・道具

便利グッズ

無料ブログはココログ