住宅設備機器メーカー

外装建材

家の照明・小物

物件売却・中古住宅購入

最近のトラックバック

バックナンバー

住まい・インテリア

2010年10月 5日 (火)

木材には表と裏がある。

■ 木材には表と裏がある。

----------------------------------------------------------------

☆人には裏と表なんてないほうが良いのですが。(笑)

木には裏と表があります。

丸太の木材を、製材して、家を建てる木材にします。

自然に育った木の芯の方を「木裏」(きうら)といい、

外側の皮の方を、「木表」(きおもて)と言います。

木表の方が、年輪が綺麗にでますので、仕上げ方向に使われることが多いです。

しかし、自然の木材ですから、温室度の影響で「そり」ますね。

「木表」側からみて、板の場合は両端が外側に持ち上がるように反るのです。

大工さんは、木の性質を見極めて、適材適所につかっています。

最近は、新建材ばかり見ている人は、これが分からなくなっています。

梁などの荷重がかかる木材も、上と下を間違えないように使いたいですね。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2009年12月12日 (土)

物件購入のポイント-1戸建

最近は、戸建もマンションも、一時期の停滞を抜け出てきそうな気配です。

日銀の政策変更で、銀行に資金が渡っていきますので、より融資が受けやすくなると思われます。

この景気では、減税措置も継続せざる得ないのではないかと思われます。

30代の方が、ご購入される方も多いようなので、頑張っていただければと思います。

ただ、家は一生にそうそう何回も買えるものではありませんから、

慎重に吟味されてください。

失敗して二束三文の物件をつかんでほしくないです。

そんな方々に参考になればと思います。

まず、戸建の場合、敷地の用途を見ます。

都市計画内なのか外なのか。どの用途地域なのかを見ます。

それぞれ、建ぺい率と容積率が決まっています。

簡単に考えれば、数値が大きいほど、敷地に対して建物が大きく建てられることになります。

商業地域などは、数値が高く利便性が高くなります。その反面騒音や日照が悪いケースが見受けられます。

数値は低いが住宅地に適するように、ゆったりした街並みになるような、一種低層住居専用地域などになります。

用途地域により、建てられる建物の種類の規制がありますが、住宅ですとほぼ既成外となります。

容積率が高いほど、敷地の資産価値は一般的には高くなる傾向にあります。

次に大切なのが、前面の道路です。

公道か私道かのチェックが大切です。

公道で幅員が広いことが理想ですが、その反面車の通行量が増えます。

住宅地でしたら、4m以上あればクリアですね。

中には4m未満の道路も多いのが事実です。

市役所の建築課OR都市計画課に相談されると、道路の種類を教えてくれます。

4m未満でも、将来広がる道で42条2項道路なら、特に問題はないです。

ただ、私道の場合は状況により、少し厄介な場合があります。

道路の持ち分が共有で、建築基準法上の道路に認定されているかチェックされると良いです。

中には、私道でも地主が一人で所有なんてこともありますので、確認が必要です。

再建築の場合に、ハンコ代を請求されるケースも稀にあります。

また、道路の認定外の道もありますので、ご注意ください。

この道の場合は、かなり手間のかかる手続きが必要になるか、再建築不可になります。

また、道路と敷地の接している間口が、必ず現状で2m以上あるか確認してください。

あることになっているはずが、現実は2mに足りないなんてケースも時々あります。

ぜひ良い家を見つけてください。

慎重に分析して、動くときは素早くされることが大切だと思います。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2008年11月27日 (木)

屋根、外壁が完成

J00377 屋根と外壁工事が終わりました。

年末になると、何だかせわしなくなってきますね。

資料のFAXやご相談を頂き、ありがとうございます。

ここは、あせらずに・・・。

端から順番に仕上るしかないような気がします。

あせると、気持ちまで落ち着かなくなってしまいますので、冷静に一つずつ。

子供の頃は楽しかったお正月も、大人になるとまた一つ年を取ってしまうのですね・・・。

室内全面リフォームもクリスマスを目標に頑張らないと、近隣からまだぁと言われるような気がします・・・・。

大工さん3名で頑張ってくれておりますので、たぶん何とかしてくれると思っています。

よろしくお願いします。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2008年11月11日 (火)

トップライトで明るく

J00365 間取りの関係で、どうしても暗くなりがちな廊下には、

トップライトで明るくします。

北側の柔らかい光は、絵画などにも最適ですね。

一日中、変化の少ない光となります。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2008年8月 4日 (月)

若者に混じって

女子大生や就職されたばかりと思われる人たちに混じって、リビングスタイリストという資格があることを知り、過日受験しました。

同じ教室で、私と同じ世代はほとんどいませんでした。

みなさん、若者ばかりでした。

ちょっと恥ずかしい年代ですが、一緒に問題を解くのに必死です。

住生活商品をお客様に提案するときの、知識や顧客の満足度を得るための知識が問われます。

結果は、ちょっと微妙かなと思っていましたが、無事合格通知が届いて一安心。

年齢を問わず、いつまでも挑戦の連続ですね。

努力する気持ちは、大切に頑張りたいですね。

それにしても、色々な資格が増えて大変です。。。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2008年7月29日 (火)

不動産が動かない

せっかく買い手がついても、なかなか銀行の融資が下りない時代のようです。

近所の売り物件も半年近く空き家のままです。

会社員の方には、銀行もすんなりのようですが、自営業や地主さんには結構審査が厳しいと聞きます。

銀行さんは、以前の取引にこだわりますから、日頃からきちんと支払いの実績を積むことが大切ですね。

借主さんの誠意を判断していますから、多少は優遇してくれますね。

計算式はあくまで、建前ですから正直にご相談されると良いと思います。

身なりの綺麗な人より、作業着の人を信用するとも言われていますのも、このような背景があるかも知れないですね。

しばらくは景気が不透明ですから、家を購入しようと思われている方にはチャンスかもしれません。

資金繰りが悪い会社の噂は早いです。あそこはちょっとという話も耳にします。

こういう時代は、経費を掛けずにコツコツが一番大切ですね。

うのこたけのこで、リフォーム屋さんも増えていますが、中々長続きしないところもあるようです。

日々、試算表を把握して買い掛けを無くす努力が大切なような気がします。

問屋さんも、日頃の実績で判断されているようですね。

日頃の実績を積むことが仕入れを有利にして、お客様に喜んでいただけるような気がします。

どの業界も、最後は人を見ていますね・・・・。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2008年4月29日 (火)

普段出来ないことをされるのも良いですね!

世の中、どこもお休みといったところで、何だかのんびりしていて良いですね。

現場は、何とかあさってには足場を解体できそうなので、本日は作業をお休みしました。

職人さんも、天気の良い祭日は、息抜きして欲しいものです。

私はというと、何かあれば現場に出向けるように作業着で出社。

今日は、どこにいっても浮いていますね。

働いているのが、似合わない日です。

普段、お休みの取れない方も、GWは色々出来ますね。

ショールーム巡りなども、この時期は込み合いますが、

家造りを考えている方は、お出かけされると良いですね。

あせって探されると、あっちのほうが良かったなんて・・・後の祭りにならぬよう

事前のチェックも大切ですね。

見積、急いでおりますので、お待ちの方々、今しばらく寛大なお気持ちでお願いします。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2008年4月19日 (土)

地場工務店で争うのではなく、良さをアピールしましょう!

最近は、市場争いが激化しているようです。

地元の工務店どうしで争って、どうするのという感じです。

大手もあの手この手で、地元から取っていこうと必死ですね。

ガス会社さんも、オール電化に負けまいとガス床暖をセットで低価格で販売しています。

電気に変えられたら、死活問題ですものね。

ガスを使用してくれれば、後から元が取れるという計算でしょうか。

ハウスメーカー大手さんの下請けが工務店ということが多くなっているようですが、

地元工務店の強みを、お互いにアピールしましょう。

現場が始まって、本当にどうすれば良いか。分かっているのは工務店が強いはずです。

お客様の変更やかゆいところは、絶対大手には出来ない芸当でしょう。

変更のたびに、会社に掛け合いますでは、困ってしまいますよね。

下請けの工務店も、頼まれた以上の仕事はしませんね。

だから、地元で末永くご愛顧いただくには、やはり少しでも良くしてあげたいと思うのが、

アットホームな工務店だと思います。

工務店同士で競争するより、もっと目を他に向けたほうが良いような気がします。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2007年11月13日 (火)

武田信玄は雨降って・・・。

武田信玄は雨降って地固まるで良かったのですが、私の家の近所で建前が終わってから、

かれこれ一月そのままの新築現場があります。

あれぇ、どうしたのかな。と他人事ながら気になります。

多分、設計変更で確認申請の出し直しになってしまったんでしょうね。

せっかく乾燥材を使っても、外壁も張られていない柱むき出しのまま、放置したらよくないですね。

雨や晴天で木材にねじれがでて、修正してから工事を進めるのならよいですが、どんなものかなと考えてしまいます。

せっかくの法整備も、将来の問題を誘発する原因を作ることは、どう考えてもお粗末ですね。

多分、遅れた工期を取り戻そうと、お構いなく工事を進めてしまうことでしょう。

知らぬは施主なりで、何とも可哀想な気がします・・・・。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2007年10月31日 (水)

やっと分かってくれた感じですが

国土交通省が建築確認審査を緩和することを決めたと報道されました。

改正後の混乱は、本年度の住宅着工の落ち込みで顕著に現れています。

家を建てたくても、確認が下りないとあちこちで聞かれていました。

当然、修正や出し直しに掛かる費用は、建築主にしわ寄せがきますね。

結局は国民が大変になるだけで、世間のブーイングが高まったところ、急遽緩和策が打ち出されました。

図面をいくらチェックしたところでダメだと思います。

現場をチェックする人の見落とさない眼とチェック体制を強化するしかないですね。

建築士の信頼が地に落ちてしまったのも要因ですね。

以前は信頼の上に成り立っていましたから、建築士の書いた図面だからと行政も信頼してくれたものですが・・・・。

やはり、一人でも誠実でないものが現れると、お互い疑いの眼になってしまうのでしょう。

建築確認とは、建築士の図面を確認するだけというのが本来でしたが、設計チェックまで及んでいるのが業務処理の遅れにつながっています。

建築士の偽装による厳罰化と信頼の回復は、業界の活性化に急務な課題のような気がします。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

より以前の記事一覧

建築・リフォームブログランキング。応援してくれる人はここをポチッとしてね。ありがとうございます。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター  ↓プラス29678人目のご訪問ありがとうございます。

マイベストプロ

不動産情報

住宅情報

amazonウィジエット

家具・道具

便利グッズ

無料ブログはココログ