住宅設備機器メーカー

外装建材

家の照明・小物

物件売却・中古住宅購入

最近のトラックバック

バックナンバー

« 1階部分全面リフォームは、玄関完成。 | トップページ | 押入れ復旧リフォーム »

2015年12月 1日 (火)

リフォームするなら、リスクを減らした方法で。

B13805


デザインを優先すると、樋を隠す内樋方式になっている場合があります。

樋が外から見えないので、すっきりと見える利点があります。

でも、近くに立ち木があると、落ち葉が詰まり知らず知らずのうちに、

劣化している時もあるので注意が必要です。

点検のために、屋根に乗るとペコペコで、もうすぐ雨漏りしそうな状況でした。

だから、同じようにリフォームしても、また傷むリスクがあるので、

樋を付けて素直に雨を流す工法に、変更してのリフォーム中です。

ただ、敷地境界がぎりぎりなので、あまり伸ばせませんが小さめの樋で対応予定です。

複雑にするより、シンプルイズベストの時もありますね。

また、耐用年数やメンテナンスの少ない安全側の提案をすることも必要ですね。

お客様は、何が違うのか分からない場合が、ほとんどだと思いますので、

専門家の判断が、その後のリスクを減らすためには必要だと思います。

それから、

昨日は、新たな現場調査のご依頼と、三度目のリピーター様からのご相談を

頂きましてありがとうございます。

早いもので、もう12月になってしまいましたので、

全速前進で乗り切りたいところです。

日々、感謝。

« 1階部分全面リフォームは、玄関完成。 | トップページ | 押入れ復旧リフォーム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1階部分全面リフォームは、玄関完成。 | トップページ | 押入れ復旧リフォーム »

建築・リフォームブログランキング。応援してくれる人はここをポチッとしてね。ありがとうございます。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

マイベストプロ

不動産情報

住宅情報

amazonウィジエット

家具・道具

便利グッズ

無料ブログはココログ