住宅設備機器メーカー

外装建材

家の照明・小物

物件売却・中古住宅購入

最近のトラックバック

バックナンバー

« 浴室リフォーム タイルはがすかそのままか。 | トップページ | 浴室のユニットバス組立が完成しました。 »

2015年4月15日 (水)

浴室リフォームの基礎固め

B13183


横浜市での浴室リフォームは、

ユニットバスの設置前の基礎つくりです。

せっかく設置した浴室も、基礎がしっかりとしていないと、

傾いたりして不具合の原因になります。

ですので、土間のコンクリートを打設しているところです。

浴室は、解体するとほとんどのケースで断熱材が入っていません。

外壁素材そのままですから、冷えも早くなってしまいます。

なぜこのような場合が多いのかと考えますと、

従来の工法では、壁内に湿気や水分が入ってしまうことも考えられるからです。

その場合は、マットの断熱材は、適しません。

ですが、近年のユニットバスは技術の向上で、

防湿性が高まっております。

だから、断熱材を入れ込むことも可能と考えます。

建物側とユニットバスで、二重に断熱効果をあげれば、

寒いお風呂から解放されますね。

本日は、午後から別件のお宅へ、

ご契約にお伺いさせていただきます。

日々、感謝。

« 浴室リフォーム タイルはがすかそのままか。 | トップページ | 浴室のユニットバス組立が完成しました。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浴室リフォーム タイルはがすかそのままか。 | トップページ | 浴室のユニットバス組立が完成しました。 »

建築・リフォームブログランキング。応援してくれる人はここをポチッとしてね。ありがとうございます。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

マイベストプロ

不動産情報

住宅情報

amazonウィジエット

家具・道具

便利グッズ

無料ブログはココログ