住宅設備機器メーカー

外装建材

家の照明・小物

物件売却・中古住宅購入

最近のトラックバック

バックナンバー

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

緩んではいけないです

今日から保土ヶ谷区のリフォームが始まりました。

養生をしてから解体を始めました。

07310015 私は、現状の建物状況の確認と現場を見て材料の発注を行います。

新築でしたらあらかじめ設計した部材を発注すればよいですが、リフォームの場合は、現場の状況を確認して大きさを決定します。

以前は、欠陥住宅の鑑定調査や住宅性能評価員と財団法人の住宅性能検査員を行っていましたので、どういう工事を行うとこういう欠陥になるとか、ここを十分に行わないとどういう問題が発生するかということを、現場を通して見てきました。

私自身、欠陥住宅を造らない会のメンバーですので、欠陥工事を出すことは許されません。

現場が設計通りに工事されていない箇所や部材欠陥や寸法が足りないなどの状況に合わせて、部材の大きさを選定しなければならないのです。

現場から材木屋さんに、何度も電話します。材木屋さんも私の性格を心得ていますので、注文に忠実な材料を手配してくれます。

意に反した木材が届くと、悪いけど持って帰ってといってしまうからです。

注文通りにリフォームすればよいという気持ちではやっているのではなく、安心できる家にするんだ!という気合とこだわりを持って工事に望んでいます。

写真は、床をはがして現れた構造部分です。

金物のねじを手で廻すと、簡単に廻ります。全然、緩んでいて締まっていませんでした。

風が吹くと家が揺れるんですという、お客様の言葉が思い出されます。

緩む原因は色々ありますが、十分乾燥していない木材、安い木材を使うとその時は締めたつもりが、年数が経って木材が乾燥すると縮んでボルトが緩んでしまいます。

高くても十分乾燥した木材を使わないとだめですよ。

同じように見える木材でも、質は違いますので気をつけていただきたいです。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月30日 (日)

休日は打ち合わせが多いです

日曜日なので、休めるかと思っていましたが、打ち合わせが入ってしまいました。

お仕事のご依頼をいただけるのは、嬉しいことですので感謝感謝です。

午前中は鎌倉まで打ち合わせに伺いました。

若宮大路を海に向かって車を走らせると、少しづつ混雑してきました。

突き当たりは、一面海です。久しぶりに見る海はいいですね。

天気なので海水浴している人が浜辺に繰り出しています。

海辺の駐車場は、もう満車表示です。

まだ、水温が低いのかまだ、それほど人出は多くないですが、泳いでいます。

浜辺を見ながら、海辺のお客様宅に到着。海まで1分のところでいいですね。

うらやましいですが、建物の傷みもかなりといった感じです。潮風はきついんですね。

「家づくり必勝法」を著者 小野 信一さんの話を思い浮かべながら、商談させて頂きました。

海辺の建物の厳しさを確認して、朝比奈峠を通って横横道路で一旦帰社しました。

近隣挨拶の準備をして、保土ヶ谷区のお客様宅へ向かいました。

何とか間に合って、ほっと一息。最終的な工事内容を確認させて頂きました。無事、ご契約頂きました。

ホルムアルデヒドの検体をお渡しして、工事前の濃度測定にご協力頂きました。

その後、神奈川区のお客様宅へサンプルを持って訪問しました。

こちらもあっさり、ご発注いただけました。

休日返上で動いた甲斐があります。

明日の着工の工事の準備をしてから、帰り支度をしました。

日・祭日もやってるの?とご質問をいただきますが、事前にご連絡をいただければお伺いしますので、ご遠慮なくおしゃってくださいね。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月29日 (土)

東京セミナー

欠陥住宅を造らない会の菅原さん、ネクスト・アイズの小野さんにお会いし、セミナーに参加してきました。

新築やリフォームを考えたときに、一番悩むのは業者選びです。

それぞれ特徴と相性がありますので、どこが消費者に合っているかコンサルティングする会社が必要です。

ハウスネットギャラリーは、そんな迷える施主へのアドバイスを行っています。

ギャラリーへの参加のお誘いがあり、詳しい話をお伺いしました。

仲介手数料を取らず、コンサル費用を頂いて相談しているようなので好感が持てました。

ネット専門で商談をさせていただいている私ですが、菅原さん、小野さんの話は参考になりました。

本日もメールで2件の方に見積もりのご依頼を頂きました。

丁度セミナー中でしたので返信が遅くなりまして、申し訳ございません。

30日に現場を拝見させていただきます。お問い合わせありがとうございます。

リフォームの場合は、現場の状況で色々変わってきますので、面倒でしょうが現場を見せて頂けると一番間違いが減ります。ご協力に感謝いたします。

2006年7月28日 (金)

安心工務店

ハウジングエージェンシーという家づくり関係の本を出版している会社の服部さんが、取材にこられました。

地元で頑張っている、評判の良い工務店を本にして出版されています。

家づくりにこだわりを持って、利益を優先した営業をせず、施主の目線で家づくりに取り組んでいる、フランチャイズでない独立系の工務店をピックアップしたものです。

わざわざご足労頂いて、私の考えや工事の方法をお話しました。

お客様はどこに頼むかが分からない人が多いので、住宅展示場にいって家を買う感覚でなく、自分だけの家をつくることもできることをわかっていただければいいですね。

家づくりやリフォームのやり方は、色々あって各社特徴がありますから、一番自分にあった工務店とめぐり合えなければ、どんなにすばらしい会社でもちぐはぐなものが完成してしまいます。

お互いの相性も大切だと思います。

たとえばフローリングを張る場合も、そのまま張ってしまう会社もあれば、下地を調整する会社、下地から造りなおす会社、または天然素材で張る会社があります。

それぞれ、当然お値段が違いますので工事の中身をよく確認する必要があると思います。

ただ、高いや安いで判断すると痛いことになってしまいますね。

廉価な木材を使用されたり、湿った木材は当然安いですが、しばらくすると歪みを生じることになってしまいます。

現場監督の考え方をよく聞いて、どんな工事をする人かを確認されることをお勧めします。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月27日 (木)

やはり横浜はいいですね

横浜市に登録している耐震改修工事を行う会社への、新制度の説明会が横浜関内で行われました。

この講習会に出席しないと、登録の更新がされないため多くの人が訪れていました。

Basya 綱島の現場より初めてみなとみらい線に乗って、馬車道で降りました。

なんか異国情緒が溢れて、雰囲気が良くなったような気がしました。

時間がゆっくり流れているように感じましたので、ぱちゃとしました。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月26日 (水)

着工準備中

昨年よりリフォームをご検討のお客様の工事が来週着工の予定です。

お客様が引越しの準備をされています。

弊社の準備が追いついていませんが、急いで段取りを行っています。

昨年、近くを営業していたリフォーム屋さんで屋根の塗装をされたそうですが、その後に雨漏りしてしまいました。

私と職人で、屋根に上がって調査をすると、べたべた塗装をしてしまったために、毛細管現象で水を呼んで雨漏りしていました。

特にカラーベストの塗装には注意が必要です。

塗ればよいというものではなく、ちゃんと一枚一枚縁を切って塗らないと、このように雨漏りしてしまいます。

色も綺麗にするために大事ですが、施工方法や技術的な知識も必要です。

ネットで弊社が近くにあることを知り、今回改善工事を行うことになりました。

室内も子供の成長に合わせてアレンジできるように改装します。

目がしみるときがあるようなので、工事前後のホルムの測定を行います。

住環境測定士ですが、今回は協会の分析センターできっちり評価を出してもらえるように手配しました。

すっぴんクロスをでんぷん糊で貼ってみます。

どの程度改善できるかも、楽しみなリフォームです。

解体時に耐震性もチェックしてみたいと思っています。

今日の現場も、床材をはがしたらひどい事になっていて、急遽下地からやり直しの追加工事になってしまいました。

先日工事した部分の床と比べると、あまりにも強度の差が感じられるので、お客様もあれ、おかしいかなと思われたようです。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月25日 (火)

初めての見積依頼です。

先日eリフォームさんに掲載されました。

未だ日が浅く、システムをよく理解していませんが、とりあえずはお客様に返信させていただきました。

お客様の要望にに該当する会社を手作業でマッチングしているようです。

多くのリフォームサイトが紹介の間に立って、仲介料を取っていますが、eリフォームさんは一切仲介手数料がかからないのが気に入って、登録しました。

他のサイトは、紹介といってもコンピューターがただ該当する地域をセレクトしているだけですから、本当の意味では、紹介ではないような気がします。

私は、営業には出来るだけ経費を掛けたくない、掛けれないのでもっぱらインターネットやメールで商談させて頂いています。

営業に経費を掛けない分、現場に費用を分担できます。

少しでも良い材料や大きいサイズの材料を使ったほうが、お客様の満足度は高いと思うからです。

07250014 写真は、右が解体した材料で、左が今回使用した材料の端材です。

より大きいものを使って丈夫な家づくりをしています。

台にしているのは、杉の無垢材です。

私の工事に対する思いです。

eリフォームさんは、それではどうして成り立つの?と疑問に思われるでしょうが、eリフォームのターゲットはリフォーム会社です。

セミナーの開催やソフトの提供などを通して、リフォーム店が活性化されるようにする業務を行っているから、サイトは無料なのです。

リフォーム業界が繁栄すればサイトもリフォーム店も、それに、お客様も余計な費用が必要ないので、みんながハッピーになるのですね。

無料見積をどんどん活用して頂ければ幸いです。

これからが、楽しみです。

でも、欠陥住宅が騒がれてから、皆様不安に思われていますから、JIOや財)住宅保証機構への登録を行っています。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月24日 (月)

キッチンに水溜り

07240007 横浜市港北区のキッチンリフォームが始まりました。

今日は解体の初日です。

床をはがすと、家の現状が見えてきます。

現状の部材寸法をチェックしています。

どうも、湿気が多いなと感じつつ、次々床板を剥がしていきました。

07240008 流し台の下の板を剥がした瞬間、目を疑いました。

あれ、水が溜まってプールになっています。

枯れ草と同時にいっせいに虫が飛んでいきます。

泥水の中はぼうふらだらけです。

おかしい、何かの水が廻っています。

水を排水して、原因の特定を急ぎました。

ありました、以前使われていた配水管が途中で止まったまま放置されていました。

どうもお風呂が怪しいので、お客様に浴室で水を流してもらいました。

やはりです。キッチンに水が出てきます。

水道職人さんが排水経路を調べると、本来流れなければいけない管に髪の毛が詰まっていました。清掃して、キッチンに廻っている管を止めました。

以前の浴室工事の時に、しっかり排水を止めていればキッチンには水が廻っていなかったと思います。

水が廻ってしまったために、キッチンの床がぼろぼろになってしまい、健康にも悪い不衛生な状態を知らずに過ごすことになってしまいました。

今回は、床下地に疑いがあったので下地からのやり直しをお勧めしてよかったと思います。

現場の途中抜けて、山本さんと大野さんにお会いしました。

ホームページの更新がしやすく、皆様に分かり易いページに改善するためお力をお借りしました。更新にご期待ください。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月23日 (日)

近隣挨拶

ブログの書き込みは、暇を見て書いていますので日時がずれていますので、あらかじめご了承願います。

先週の土曜日に発注いただいた方の工事が、床下が腐食していて少し急ぎの工事のため、月曜日に着工することになりました。

日が迫っていたので、近隣挨拶を行いました。

夏休みに入ったばかりですので、お留守の方が多いので案内状と粗品を配布しました。

以前は工事はお互い様ですといわれましたが、最近は町内のコミュニケーションが不足しています。

昔のようにいきなり工事を行うとクレームになりますので、事前に通知したほうがトラブルが減ります。

トラブルを減らすことも、お客様の今後を考えると必要ですね。

別件で、ウッドデッキを作りたいというお客様と打ち合わせをしました。

オリジナルで製作して、要望をお伺いして、何とか予算内で実現できるように検討中です。

別の方より、メールで見積もりの問い合わせを頂きましたが、土・日曜日も事前にご連絡いただければ、スケジュールを調整しますので大丈夫ですよ。

事務所の壁が汚れてきましたので、珪藻土のはいからさんを自分で塗ってみようと思っています。

いつもは職人さんに頼んでいますが、たまには、お客様の目線で練習してみたいと思っています。

弊社でお勧めしているクロスは すっぴんクロス です。ビニールクロスはお勧めしておりません。健康・環境を考えると自然やさしい素材を使って頂きたいのが、弊社の考えです。

2006年7月21日 (金)

二世帯の工事は、住まい手のニーズにあわせよう。

先日、お引渡しをさせていただいた方から感想を頂きました。

コメントの中で、嬉しい内容がありました。

「長年住み続けた家を再生させることもでき、今回のリフォームには大満足です。」

と、お書きくださいました。

一時は、一緒に新築も検討したのですが敷地条件により、新築する場合は敷地の半分の土砂を入れ替えて造成が必要になってしまいます。これだけで、家一件分の費用がかかってしまいます。

地盤調査を行い、ある程度の地耐力が確認されたので、増築部分はべた基礎で対応してリフォームすることにしました。

また、お父様が建てられた家でしたので、壊さずリフォームできて親子関係もしっくりいきました。

強行に新築を推し進めていたら、家族の雰囲気も悪くなってしまったかもしれません。

それぞれの、ご家族の状況に合わせて建て替えかリフォームかを一緒に相談していくのも大切ですね。

07200004 現在、改装している工事ももう少しで完成です。

今日は材木屋さんから無垢の棚板が届きます。

足に使う材料は、変木を何本か持ってきてもらえるので、その中からよさそうなのを選んでみます。

後は、収納棚とカウンターをつければ工事が完了です。

07210001 ひのきの一枚板と柱が届きました。

形をいかしてそのまま磨いて使うことにしました。

西日本の雨の被害は、大変ですね。

いつもと違う雨の量のようです。お気をつけてくださいね。

コメンテーターが言っていましたが、地球規模の温度が長い歴史でみると上昇しているから、気候も狂っていると話していました。

これからは、少しでもエコに配慮しなければならないと思いました。

もっと、大きな被害が出てしまいます。

環境と人体にやさしい家づくりが、自分に出来るせめてもの、ことかと思います。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

2006年7月20日 (木)

必要以上足さない

少しずつ、風邪の具合も良くなってきましたが、今年の夏風邪は咳が長引きます。

病院は咳をコンコンしている人で一杯でした。

すごい量の薬を出されてちょっとびっくり!主食じゃないよね。

ニュースでは夏のボーナスの時期、少し増えているようですね。

羨ましいなぁ。

07200001 やっと床が張れました。

天然木の無塗装を選びました。

せっかくの木も塗装をすると化学物質が出てしまいます(一般的な塗料を使った場合)から、多少の汚れを気にするより無添加が良い。汚れたら削れば綺麗になるし、気になるようだったら、蜜蝋ワックスか樹液でも塗ろうかなと思っています。

壁は予算の関係で、無垢材が使えませんでしたので針葉樹合板を張りました。

壁の強度アップも兼ねています。

磨いただけで、そのままにします。

民家を見ていて、手の届くところが黒光りしている家があります。囲炉裏の煙で除菌されて、長い間の掃除の結晶ですね。

材料が自然にそれなりに風化するのも味があっていいかな。変に偽物で綺麗に見せる現在の家が、バランスをなくして安っぽく見えるのかも知れない。

私は、ほんものの素材が好きです。

木目がないのに木目を印刷したシートを張るなど、かえってやらないほうが良いと思うのは自分だけかな。年相応の古めましさも良いものですね。

全国安心工務店という本を出版しているハウジング・エージェンシーさんが、来週弊社に取材にこられるそうです。遠くまでご苦労様です。よろしくお願いします。

2006年7月19日 (水)

初動の対応が道を分ける

エレベーター事件に続き、パロマの騒動、トヨタの大量リコールなど次々後から発覚しています。

社内で気付いたら、まず対応しないと大変なことになりますね。

社内で隠そうとしているうちに、だんだん大事になるケースが目立ちます。

特に人命に関わるケースは急がなければいけません。

業種は違えど、似たようなケースは今後自分にも起きるかも知れません。

対岸の火事を見て、気を引き締めてトップにもすぐに隠さず伝わる体制が大切だと感じました。

日本では引責辞任が多いですが、辞めて済むのは大企業だけで、小規模は責任から逃れませんのでなんとも解せないですね。

2006年7月18日 (火)

ありがたいことです。

工事が終わってしばらくしたお客様に、その後のご様子を伺うメールを3件ほどメールさせていただきました。

皆様、特に問題は無かったようで、一安心です。

eリフォームの掲示板に弊社をだして頂いたので、よろしければコメントをお願いしました。

全員の方が快く書き込みしてくださいました。

工事ばかりでなく、人間的な信頼関係が大事ですね。

工事にご不満や弊社に不満があれば、書き込んでくれないと思います。

苦情はあったりして・・・・。

苦情は喜んで対応させて頂き、苦情ほど一番の評価で勉強になります。

明日の改善の糧に、苦情の無い喜ばれる工事、達成感のある工事をしたいと思いました。

皆様、ありがとうございます。

2006年7月17日 (月)

フォースターが安全とは限らない

最近の建材には、表面に☆☆☆☆などの星の印が印刷されています。

これはJIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務付けられた、ホルムアルデヒド等級の規格を示すマークです。

ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を現しており、場所により使用できる星の数が変わります。

これ以外にも、まだ規制されていない化学物質はたくさんあります。

F☆マークが付いているということは、ホルムが少しでもあるということです。

何も無い天然素材にはそもそもマークが無いのです。

単体の床や壁などを見ると基準以下でも、床や壁、建具、家具等が集まると基準を超えてしまうことがあります。

化学物質過敏症は、今まで何でも無かった人がメーカー施工の新築の家に引っ越した途端になってしまったという人を見てきました。

出来る限り、家に住む人の健康を考えると天然素材を増やしたほうが安全ということになります。

リフォームなどでは、頻繁にクロスの張替えがあります。

少しでも減らすために、ビニールクロスをやめて布クロスでの施工をお願いしています。

糊も昔ながらのでんぷん糊を使用する施工を考えています。

健康はお金で買えません。6帖程度のクロスの張替えでしたら僅かなコストアップですみますので、是非、ご理解願います。

2006年7月15日 (土)

環境を考える

久しぶりに横浜JCの仲間に会いました。

98年日本JC関係委員会のメンバーが石川町近くのおさ亭で鴨鍋を囲んで、団欒しました。

当時の苦労や記憶がよみがえってきて、みんなそんなこともあったなーと思い出に浸っていました。

現役が残り少なくなり、OBがほとんどになってしまった委員会ですが、結束力の高い仲間で委員長とスタッフの人柄に支えられているのかも知れません。

今では一般的になりましたが、もったいない運動を当時の岡田さんが盛んに言っていました。

そんな話の中、委員長の佐藤さんを見るとマイ箸持参で食事をしています。

少しでも割り箸を使わない。森林伐採をみんなで減らそうという運動の一環です。

地球も今のまま、人間の好き放題ではそのうち壊れてしまうでしょう。

汚くなった環境は、やがて人間にその代償が帰ってくると思います。

ロハス的な考えを持って、一人ひとりが出来ることから行うことが大事だなと思いました。

家を建てたりリフォームしたりする仕事に携わる自分も、これからはリサイクルできる素材を使ったり、ごみの減量化を考えた家づくりをしていくことを再確認させられました。

2006年7月14日 (金)

人に心地よいのが建物に良いとは限らない

07140004 以前お世話になった横浜市港北区のお客様より電話を頂いた。

何か不具合がありましたか?とお聞きすると、以前の工事とは関係ないんですが、今度は台所の床が抜けてしまったということです。

梅酒のビンを置いておいたからいけなかったのかしらと心配そうです。

早速見させていただくと、キッチンの下の床がぼろぼろです。

以前通気口があったところを、以前工事した人が寒いだろうと丁寧に断熱材を入れて蓋をしていました。

床下の空気の流れが止まり、いつも湿気を帯びてしまったので2年もしないうちにこんなにぼろぼろになっていました。

07060001 一方、左の写真は築40年以上経っていますが、青森ひばを使っているので腐食はありません。

ただし、傾きが大きすぎるので大引きは撤去しました。

夏暑く冬寒い、典型的な昔の日本家屋です。

人には厳しいけど、空気が流れるので木材は乾燥していて長持ちします。

人にやさしい家も空気を遮断していますので、シックハウスや壁内結露などの落とし穴がありますので、十分注意が必要ですね。

先人達の知恵は、長い歴史の中から生まれた風土にあったつくりなのですね。

ココログ快調になったみたい

ここのところ、ココログさん動きが遅くてどうしたんだろうと思っていたら、緊急メンテナンス中になっちゃいました。

ようやく、復旧したみたいです。

私は、夏風邪をひいてしまったようで、かなり不調です。

冷房の効いたところに行くと、汗が出たり寒くなったり体温調節が効かない。

壊れたエアコン状態です。

昨日はシップさんのリフォーム会社向けセミナーに参加してきました。

他社さんの事例や今起こっていることを、興味心身に聞いてきました。

横浜からの電車の中もつらかったです。

普段ならなんともないのですが、体調を崩すとふと気づくことです。

新建材のホルムなどの臭いが、このようなときは妙に鼻につきます。

自然素材の大切さを感じた日でした。

先日eリフォームさんの取材を受けましたが、夜に戻って見てみたら、アップされていました。衛星写真で事務所の位置が確認できるのが、すごいですね。

時代は、すごいことになっていますね。

まるで、映画の中のシーンのようです。

2006年7月11日 (火)

疲れた梁を補助しなければ

07100003 横浜市保土ヶ谷区のリフォーム工事です。

築年数が経っているため、梁がかなりくたびれています。

増築を繰り返してきた家のため、1階部分と2階部分の強度不足が見られます。

梁を4本追加して、疲れた梁を補強しています。

揺れの原因が分かりましたので、その部分を重点的に耐震構造に変えていきます。

07100005 外壁は合板をN釘を使って50ピッチで打ち付けていきます。

こうすることで、壁の強度は約2倍以上となります。

2階の揺れも治まりつつあります。

ようやくサッシもつけられる状態になりました。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月10日 (月)

アスベストには気をつけましょう

06070002 横浜市旭区のリフォーム工事の事例です。

建材も耐火性の高い材料で10年以上前の製品には、ほぼアスベストが含まれています。

法規制がかかってからも、しばらくの間は流通していました。

アスベストは原材料が安く、加工が容易で耐熱、耐火性に優れていてすごく便利な材料でした。しかし、どこまでも細かくなるため空気中に舞い上がって肺に吸い込むと中皮腫の原因と最近分かってきて、あわてて規制が強化された経緯があります。

そのままの状態では、それほど問題が無いのですが経年劣化して表面の仕上げが取れてきたり、細かい穴やぼろぼろした場所から飛散します。

道路などで計測するとブレーキに含まれているアスベストが浮遊していることが、最近の調査で分かってきました。

一度肺に入ると、非常に細かいため出てこないという厄介な代物です。

出来るだけ吸わない、近寄らないことが大切ですね。

除去してしまうのがベストですが、飛散しないようにすればそれほど恐がることもないのです。

今回のケースは、上から下地の処理をして飛散も防止する工法を選択しました。

06070017  これでしたら、比較的予算を抑えて、危険要因を排除できます。

くれぐれも、ご自分で壊したりして飛散させて吸い込まないようにご注意ください。

06090001除去する場合は、アスベスト除去作業主任者立会いの下、的確に除去作業を実施しましょう。

解体作業者は講習を受けたものが、作業を実施しなければいけませんね。

リフォームなどで適当に解体すると、隣家にもご迷惑がかかってしまいますよ。

みんなで気をつけて、減らしていくしかありませんね。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 9日 (日)

珪藻土、柿渋を自分で仕上る

05290004 横浜市磯子区で和室をリフォームしました。

床の間と押入れが活用されていないので、思い切って取って一室の空間にしました。

和洋折衷の大正モダン風にしたいということで、途中までお手伝いしました。

壁や柿渋は、お客様のご家族の共同作業です。

06260001 ご自分で工事に参加すると、あそこが苦労したなとか、あそこが失敗したなとそれが思い出に残って、かえって愛着の沸く我が家になりますね。

家族の絆が深まる作業になったそうです。

珪藻土や柿渋も一般用に塗り易くした製品を使われたそうです。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 8日 (土)

梁が小さい場合は

07080001 梁の寸法は柱と柱に掛ける梁の長さによって決まります。

その梁に柱等の荷重を受ける箇所があれば、約3センチづつ大きくしていくとおよその寸法をつかめます。

構造計算で計算しても良いですが、およそ同じになります。

あとは安全率をかけて大きくしていけばよいですね。

壁を壊して既存の梁をあらわにすると、何故か寸法が小さいです。

当然、材料が小さいですからたわみを生じています。

この梁を補強するにはどうするか?

上からの荷重を中央で受けていますから、抜くことはできませんね。

そこで、この梁より大きいサイズの梁をもう1本入れます。

07080002 上下の梁をボルトで緊結して一体化させます。

これでかなり丈夫な梁に変わります。

材料をけちると、必ず弊害がでますので必要寸法は確保しましょう。

構造計算の知識がないと感だけが頼りになり、こんなものでいいかということになりかねませんのでご注意ください。

見よう見まねの工事ではなく、知識と経験が必要な仕事が家づくりのできばえを左右します。

リフォームでも耐震性を高める工事が必要ですね。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 7日 (金)

室内の提案

Y1 とあるお客様のお宅に現場訪問しました。

ご希望をお聞きしたら、デザイン的な空間をご希望だそうです。

住まいの試着のために、パースを作成してご要望を整理したいと思います。

Y2

文字や数字だけでは、お互いの意識にずれが生じてしまいますので、まずは、空間の把握から作業を進めます。

あそこを変えたいとか、ここはこんなイメージがいいな。と気楽に話していただけると私もお客様の要望を理解できます。

まだ、見積を出していませんが、工事をお願いねなんて言われると、頑張ろうという気になりますね。

ご要望は遠慮なく、ざっくばらんにおしゃってくださいね。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

建て替えかリフォームか

横浜市港南区のお客様から、リフォームの相談がありました。

スキップフロアーでできた特殊な間取りでした。かなり老朽化もしていました。

全面リフォームをご希望でしたが、お客様の希望間取りに変えるには、かなりの大掛かりな工事です。

とりあえずリフォーム案で見積しましたが、別に新築の見積をしました。

今回のケースは新築の方が安く済みそうなので、リフォームより新築がいいのではとアドバイスさせて頂きました。

新築時の諸経費およそ400万程度もご用意できるそうなので、正直に話をさせていただきました。

工事を全て頂こうとは思いませんので、お客様にとって良いほうをアドバイスさせて頂きました。

ただ、新築ではどこに依頼してよいか分からないので、メーカーさんを選ばれたのは残念ですが。

地元にも、良い工務店が一杯あると思います。

メーカーの家を実際造っているのは、地元の工務店なんですが安心感の問題なのでしょうね。大手の経費分、家の質は上がると思いますが、選択はお客様それぞれですね。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 6日 (木)

家の構造の弱点を見直す

07040003 横浜市保土ヶ谷区で工事中です。

床や天井を解体すると家の構造が分かります。

構造上無理をしている箇所や問題があると思われる部分を検討することが一番重要な点です。

リフォームは開けてみないと分からない部分がありますので、天井や床をはがすと良く分かります。

補強の必要な箇所や空間のデザインを絡めて補強を行います。

その場の判断と経験がものをいうところですね。

何を優先するかしっかりと見極めてくれる業者さんと相談されることをお勧めします。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 5日 (水)

自然素材

07040004 解体中の現場の壁を剥がしたら、土壁でした。

竹を編んだものに藁を混ぜた土を塗って仕上た壁ですが、最近ではほとんど見なくなりました。

化学製品の断熱材と違って、適度な調湿効果があります。

処分は、土に戻るので環境に優しいですね。

解体作業をどんどん進めているところです。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 4日 (火)

ブログホームページのセミナー参加

お客様に賢い情報発信をしたいのだけど、なかなかどうしたら良いのか分かりません。

ホームページを更新するのは少し技術的に大変だし、ブログだけでは日記のようになってしまう。

そんな悩みをe売るしくみ研究所の山本さんがセミナーを開くというので、渋谷まで出かけてきました。

ブログホームページという方法があるのです。

まだ、アップまで行きませんが1日勉強すればすぐに出来そうです。

こちらのページも出来ましたら、よろしくお願いします。

07030001 講師の大野さんです。

一生懸命説明してくれています。

暑い日ですが、古びた家屋を少し見栄えの良くなるようにリフォーム工事を始めました。

小さい地震でも2階はすぐに揺れを感じるので、耐震補強もあわせて行う予定です。

07040001 どこまで低予算で変えられるかの勝負ですね。

基本部分はしっかりと工事したいと思います。

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

2006年7月 2日 (日)

マンションの北側部屋

06280015 横浜市内のマンションをリフォームしました。

北側の部屋で以前はグレー系色で寒い感じを受ける部屋でした。

今回は暖色系の色で明るい雰囲気に変えてみました。

床、壁、天井を張替えて、窓枠やカーテンボックスも塗り替えました。

お客様は明るくなったと喜ばれています。

北側の寒さを忘れてしまう部屋に変えて見ませんか?

人気ブログランキングに参加しました。しかたないなあ、押してあげるよと思われた方は、

ここをポチッと押してくださいね。ありがとうございます。

横浜・神奈川で デザイン・耐震・水廻りのリフォームをお考えの方は弊社ホームページ をご覧ください。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

建築・リフォームブログランキング。応援してくれる人はここをポチッとしてね。ありがとうございます。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター  ↓プラス29678人目のご訪問ありがとうございます。

マイベストプロ

不動産情報

住宅情報

amazonウィジエット

家具・道具

便利グッズ

無料ブログはココログ